DRAGON QUEST VII エデンの戦士たち(PS版)
〜メルビン全台詞集〜


▼戦闘
メルビン「まずいで ござる。
  アイラどのが やられたでござる!
  この先 きついでござるぞ!

メルビン「ドキッと したでござる!
  アイラどのが いなけりゃ
  この戦いには 勝てんでござるよ!

メルビン「しまった。
  よみがえらせる奴が いたとは
  うかつで ござったな!

メルビン「アルスどの! マヒした
  マリベルどのが やられぬよう
  気をつけるで ござるよ!

メルビン「一体でも マヒさせておけば
  戦いは ぐんと 楽でござるよ。
  きっちり 決めるでござる!

メルビン「あ!?
  スライムの 動きが!
  さすが アルスどので ござる。

メルビン「よし!
  マヒが 直ったでござるな!
  礼などいいから 戦うでござるよ!

メルビン「ガボに マヒされていては
  こちらも もたんで ござるからな!

メルビン「かたじけない でござる。
  アイラどの。このメルビン
  恩は忘れぬで ござるよ!

メルビン「まずいでござる。
  なんとか もう一度
  マヒしてくれんで ござるかな。

メルビン「気をつけるで ござる!
  これ以上 眠らされると
  ピンチで ござるぞ!

メルビン「どんなもんで ござる!
  うるさいやつは 眠らせるに
  限るで ござるな!

メルビン「むう。
  やっかいな 敵を 眠らせるとは
  なかなかの 名案でござるよ!

メルビン「しっかりするで ござる。
  今まで アルスどのは
  寝ていたので ござるぞ!

メルビン「助かったで ござる。
  アイラどのさえ 起きてくれれば
  もう こっちのもので ござるよ!

メルビン「アイラどのは
  わしが 起こしたでござるよ!

メルビン「魔物め よくも!
  わしは 寝起きが 悪いでござる。
  覚悟するで ござるよ!

メルビン「ぐが……。はっ!!
  いかん ヨダレが……。

メルビン「おのれ 魔物め!
  あのまま だまって
  寝ていれば いいものを!

メルビン「毒を あまく見ては
  いかんでござる。
  早く 手当てをするで ござるよ!

メルビン「いやらしい 敵でござる。
  マリベルどのは 大丈夫かな?
  わしも毒は 大キライでござるよ!

メルビン「何度も くらっても
  毒の この いや〜な感じは
  好きになれないで ござる。

メルビン「わっはっは!
  たまには わしも こういう小技を
  使うことも あるでござるよ。

メルビン「毒こうげきで ござるか。
  アルスどのは 日増しに
  すぐれて行くで ござるな!

メルビン「毒を 甘く見て 命を落とす
  戦士たちが たくさんいたでござる。
  でも もう大丈夫で ござるよ。

メルビン「アルスどの。
  マリベルどのは オッケーでござる。
  毒は 消したでござるよ!

メルビン「まだ少し 身体の奥が
  ピリピリしているで ござる。
  年には 勝てんで ござるのかなあ。

メルビン「むう。
  混乱とは また やっかいな。
  アイラどのを なんとかせねば!

メルビン「敵を 混乱はさせたが
  油断は 禁物でござるよ。

メルビン「アルスどの!
  よくやったで ござるな。
  今が チャンスでござるぞ!

メルビン「お帰りで ござる。
  やっと こちらの世界に
  戻ったでござるな。わっはっは!

メルビン「アルスどの
  心配させないで 欲しいでござる。
  混乱は いかんでござるよ!

メルビン「かたじけない。
  アイラどのの おかげで
  われに 戻れたで ござるよ。

メルビン「むう。10才ほど
  年を 取ってしまったような
  けだるい 感じでござる。

メルビン「決まったで ござる!
  これで こちらの こうげきが
  よ〜く効くで ござるよ!

メルビン「これで 多少のこうげきなら
  気にせずに 戦うことが
  できるで ござるよ!

メルビン「この 戦法は
  いかなる 戦闘時にも
  有効で ござるな!

メルビン「いいでござるか。
  守りを気にせず 攻めて行って
  大丈夫で ござるよ。

メルビン「アルスどの!
  打たれ強くなっている いまこそ
  せっきょく的に 攻めるでござるよ!

メルビン「こうすることによって
  戦いかたが さっきまでと
  まったく変わるで ござるよ!

メルビン「うおおーっ!
  ガボどの ありがとうでござる!
  メルビンは燃えているで ござるよ!

メルビン「敵も バカではないでござる。
  こちらも 戦い方を かんがえねば!

メルビン「アルスどの!
  武器での こうげき一本に
  しぼるで ござるよ!

メルビン「この メルビン
  たとえ 魔法が 使えなくとも
  まいったりは しないでござる!

メルビン「呪文を 封じておけば
  こっちのもので ござる。
  わっはっは!

メルビン「空振りを すると
  ガクッと つかれるものでござる。
  気をつけるで ござるよ!

メルビン「敵の中に 一匹でも
  こういう呪文を となえる奴がいると
  まことに やっかいでござる!

メルビン「よし!
  これでもう スライムは
  恐れるに足らんで ござるぞ!

メルビン「いやいや 礼には
  およばないで ござるよ。
  当然のことで ござるからな!

メルビン「マリベルどの かたじけない!
  メルビン 恩にきるでござるよ!

メルビン「うおおおーっ!
  ちからが みなぎるで ござる!
  バシバシいくで ござるぞー!

メルビン「すごいで ござるな!
  しゅくふくの杖が あれば
  戦いが 有利でござるよ!

メルビン「魔法など なくとも
  じゅうぶん戦えるで ござる。
  弱気は きんもつで ござるぞ!

メルビン「あつつっ!
  今のは さすがの わしでも
  きつかったでござる。

メルビン「まずいでござる!
  踊っている マリベルどのは
  戦力に ならぬで ござるぞ!

メルビン「たしかに おどかすのも
  戦法の ひとつで ござる。
  しかも 効果的で ござるよ。

メルビン「いや 面目ない。
  わしと あろうものが まんまと
  おどろかされて しまったでござる。

メルビン「なんと! アルスどのが
  こうげきを はずすとは
  まこと めずらしいで ござるな!

メルビン「むはっ!
  こうげきを はずしてしまうとは
  サルも木から落ちる でござるな!

メルビン「そうそう ラッキーは
  続かないでござるよ。
  さっさと しとめるでござる!

メルビン「こうげきを はずすとは
  スライムも まだまだ
  修行が 足りんでござるよ。

メルビン「ドンマイ ドンマイ。
  数多く 戦う うちには
  そんなことも あるでござるよ。

メルビン「信じられん!
  今の魔法が 効かぬとは!
  こやつ ただものではない!

メルビン「しょせん 魔物でござるな。
  相手に呪文が 効くか効かぬか
  わからんようでござる。

メルビン「たいきゃくは 失敗。
  アルスどの。こうなったら
  やるしか ないでござるな!

メルビン「ザオラルは 失敗しても
  しかたがないで ござる。
  気にせず くり返すでござるよ!

メルビン「むう。わしの チカラも
  落ちたで ござるかなあ。
  なさけないで ござるよ……。

メルビン「おどろきで ござる!
  アルスどのの こうげきを受けても
  やつは平気なので ござるか!?

メルビン「いまの こうげきは
  決して ミスでは ないでござる。
  やつは いささか強いで ござるよ!

メルビン「そうだったでござる!
  いまの アルスどのに
  魔法は ダメでござったな!

メルビン「なんと 軽い身のこなし!
  ああやって よけられては
  敵も かたなしで ござるな。

メルビン「むうっ いまの 敵の
  よけかたを 見たでござるか!?
  見事な 間合いで ござったぞ!

メルビン「まるで いまの わしは
  どんな 呪文をも はね返す
  魔法のカガミで ござるな。

メルビン「ガボどのー!
  いまの わしには 呪文など
  効かないでござるぞー!

メルビン「うっ! こ…こしが……。
  敵のこうげきは 見事によけたので
  ござるがな。わはは……。

メルビン「ほう。
  わしの こうげきを かわすとは。
  やるな スライム!

メルビン「とほほ。
  この次 アイラどのには もっと
  注意して 欲しいでござるよ。

メルビン「アイラどの!
  メガザルとは また
  思い切った 呪文を……。

メルビン「いかん!
  敵が よみがえったで ござる!
  みんなまだ 大丈夫でござるか!?

メルビン「おおっ!
  新しい作戦で ござるな。
  これを選ぶとは さすがでござるな!

メルビン「なるほど マリベルどのの
  作戦は それでござるか。
  なかなか 考えたで ござるな。

メルビン「どうしたでござる?
  まさか 身体が 言うことを
  聞かなくなったで ござるか!?

メルビン「気をつかっていただくのは
  ありがたいで ござるが
  まさか 年寄りあつかいでは……。

メルビン「いやはや ガボに
  かばってもらった おかげで
  助かったで ござるよ。

メルビン「ムダな 殺生をせずに
  すんだで ござる。
  さすが アルスどの!

メルビン「たとえ しくじろうとも
  あきらめずに 何度でも
  かけてみるで ござるよ。

メルビン「わっはっは!
  あれだけ 遠くに飛ばしてしまえば
  もう 戻っては 来られまい!

メルビン「いやあ 失敗したでござる。
  呪文を となえている時に 何か
  雑念が入ったで ござるかな。

メルビン「ニフラムで ござるか。
  あれが びしっと決まると
  戦いが 楽でござるよな。

メルビン「魔物が 消えて行く
  光のかなたには いったい何が
  待っているので ござろうかな。

メルビン「すごかったで ござるな!
  あの いちげきを くらったら
  わしでも どうなっていたことか。

メルビン「ふふふ。アルスどのも
  おどろいたで ござるか?
  あれぞ まさしく 会心のいちげき!

メルビン「早く 体力を 回復して
  次の こうげきに そなえぬと
  今度こそ あぶないで ござるぞ!

メルビン「自分では かなわぬとみて
  仲間を 呼んだで ござるな!

メルビン「弱いやつほど 良くほえる。
  ほえられると ややこしいから
  さっさと かたづけるでござるよ!

メルビン「わしのチカラおよばず
  アイラどのが こんなことに
  なってしまうとは……。

メルビン「クッ! この敵は
  メガンテですら 受けつけぬとは!

メルビン「自分の命と 引きかえに
  メガンテを かけてくるとは
  敵ながら あっぱれで ござる。

メルビン「わっはっは!
  とうとう われわれの 強さに
  恐れをなしたで ござるな!

メルビン「くっ くやしいでござる!
  あいつに 逃げられたときほど
  くやしいものは ないでござる!

メルビン「気をつけるでござる!
  スライムが チカラを
  ためたときは 危険でござるよ!

メルビン「まいったでござる。
  アルスどのと 同じ姿をした
  敵と戦うのは つらいでござる!

メルビン「うはっ!
  自分の姿を ながめるのは
  いやなもので ござるな。

メルビン「いやはや こうして見ると
  あらためて ザキ系の呪文は
  すごいと思うで ござるよ。

メルビン「アルスどの はずしても
  気にすることは ないでござるよ。
  呪文とは そういうものでござる。

メルビン「やっぱり 呪文は
  あてには ならんで ござるな。
  直接こうげきで いくでござるよ!

メルビン「こんな やつらとの 戦闘を
  長引かせては 危険でござる!

メルビン「魔力を 少しくらい
  うばわれたとて このメルビン
  少しもひるみは しないでござる!

メルビン「呪文を使う 敵から
  魔力を うばってしまえば
  簡単に 倒せるで ござるな!

メルビン「こう 少しづつではなく
  ドドーンと 全部 敵の魔力を
  いただきたいもので ござるな!

メルビン「なぜで ござる!?
  なぜ あの マダンテが
  このような 結果に!

メルビン「むう。マダンテを はずすと
  全財産を 落っことしたような
  気分でござるよ。とほほ……。

メルビン「むう。こうも 効かぬとは。
  マリベルどのも そろそろ疲れが
  出てきたので ござろうか。

メルビン「これが 無限に 使えれば
  戦いに 負けることなど ないが
  そうは うまくいかんで ござるな。

メルビン「先制こうげきを 受けるとは
  敵も すばやいで ござるな。
  油断きんもつで ござる!

メルビン「わはは! これは ゆかい!
  ハトが 豆でっぽう くらったような
  顔をしているで ござるよ。

メルビン「おみごとで ござる!
  まったく 今の 戦い方は
  ホレボレするで ござるよ!

メルビン「みたでござるか。
  いまのは 久しぶりに いい
  いちげきが 決まったでござる。

メルビン「うまく 急所をつけば
  戦いに むだが なくなるでござる。
  あの ちょうしで ござるよ。

メルビン「う〜ん。
  わしや アルスどのの 急所とは
  いったい どこで ござるかなあ。

メルビン「気づかなかったでござる。
 まさか スライムが
 あんなことを するとは!

メルビン「お初に お目にかかる……
  などと あいさつする 相手では
  なかったでござるな。

メルビン「いちど 手合わせしておれば
  ようすが わかっているので
  戦いは 少しは 楽でござるな。

メルビン「やれやれ。
  どうせなら 体力を回復してから
  来て欲しかったで ござるな。

メルビン「こいつら ハイエナのように
  弱っている 敵の ニオイでも
  かぎつけるので ござるかな。

メルビン「いかんでござるな。
  わしの 助けが 必要なときは
  いつでも 言うでござるよ!

メルビン「アルスどの!
  無理は きんもつで ござる!
  まだまだ 先は長いで ござるよ!

メルビン「いかんで ござる。
  マリベルどのを 守ることを
  だいいちに 考えねば!

メルビン「この人数で 戦うには
  じゅうぶんな 作戦が
  必要でござるぞ アルスどの!

メルビン「ふっ。数が 少ないと思って
  われわれを あなどると どうなるか
  しかと 教えてくれるで ござる!

メルビン「ここぞと いうときに
  身体が 利かなくなるのが
  呪いの 恐ろしさで ござるよ。

メルビン「仲間が 呪われていると
  こうげきに 大きな えいきょうが
  出るで ござるよな。

メルビン「この 魔力では あまり
  魔法を 使えぬかも しれん。
  アルスどの すまんでござる。

メルビン「わしの いまの 魔力では
  弱い魔法を 1〜2回 放ったら
  それで 終わりでござるな。

メルビン「魔法が 不足する分は
  武器で カバーするで ござる。
  自分のうでの方が 確かでござるよ。

メルビン「早く どこかで
  身体を 休めないと この状況は
  危険すぎるで ござるよ!

メルビン「アルスどのの 魔法があれば
  戦いは 楽だが ぜいたくは
  言って おられんで ござる!

メルビン「今回は まだ いいとして
  このまま 戦いつづけるのは
  ちと 危険でござるぞ。

メルビン「とにかく 今回
  マリベルどのには 武器で
  戦ってもらうで ござるよ!

メルビン「ええいっ!
  マリベルどのの 魔法が使えぬ
  こんなときに!

メルビン「こういう 場所にかぎって
  こんなやつらが いるでござるな!

メルビン「さすがは 魔物でござる。
  この 床の上でも 平気な顔を
  しているでござるよ。いたたっ!

メルビン「ツイていると いうか
  ツイていないと いうか……。
  続けて当たりを 引いたでござるな。

メルビン「むむっ!
  ハナから われらを 待ちかまえて
  いたようで ござるな!

メルビン「ちょうどよかった。
  ハナうたが 出るほど
  退屈していたで ござるよ。

メルビン「おのれ!
  わしが今 武器を 持たぬことを
  知っていて 現れたか!?

メルビン「むむっ! わしは いま
  敵の こうげきを 受けると
  ただでは すまんで ござるよ!

メルビン「ええいっ また!
  仲間を呼ぶやつは 弱いくせに
  やっかいで ござるよ!

メルビン「うわっ!
  また ザキもので ござるか!
  どうしようで ござるー!

メルビン「勝てそうもない 相手にも
  向かってくるとは 敵ながら
  いい根性を しているでござるな。

メルビン「わっはっは! われわれも
  なめられたもので ござる。
  たった1匹で ご登場とは!

メルビン「どうせ 倒すのに
  魔物1匹も 10匹も
  手間は いっしょで ござるよ!

メルビン「よくもまあ ズラズラと!
  それで こちらに 勝てるとでも
  思っているで ござるのかな。

メルビン「こういう 場合は
  敵のくせが みな同じでござるから
  戦い やすいで ござるよ。

メルビン「こういう パーティーは
  じつは やっかいで ござる。
  こうげきも ふくざつでござるよ。

メルビン「地面に ノリでもまけば
  こいつらを 足止めできるのでは
  ないで ござろうか!

メルビン「こいつを 倒すには
  こちらが 相当すばやく
  動けなければ ムリでござるな。

メルビン「さあ アルスどの!
  今が チャンスでござる!

メルビン「今こそ 英雄のチカラを
  見せてやるでござる!

メルビン「マリベルなしでは 分が悪い。
  ここは逃げた方が いいでござる。

メルビン「チカラつきる前の
  わしとの ちがいを 魔物どもに
  見せてやるでござるよ。

メルビン「いち度 倒れた仲間を
  よみがえらせるとは 敵も
  あじなマネを するでござるな。

メルビン「マヒこうげきで ぜんいん
  動けなくなったら 終わりでござる!

メルビン「見事 敵のうごきを
  封じたでござるよ。

メルビン「アルスどのの技を
  くらって 魔物は 手も足も
  出ないようでござるな。

メルビン「仲間を助けるのは 当然。
  マヒしたときは いつでも
  わしに 言ってくだされ。

メルビン「マヒしていたときの
  ガボの表情は じつに
  ゆかいでござった。

メルビン「ありがたや。
  ガボのおかげで また
  戦えるでござる。

メルビン「こりゃ いかん。
  スライムが
  マヒから 回復したようでござる。

メルビン「いかん!
  このままだと 眠ってるガボが
  フクロだたきに されるでござる。

メルビン「次の いちげきで
  スライムを
  永遠に眠らせてやるでござる。

メルビン「見事でござる。
  敵を眠らせておけば 戦いが
  グッと ラクになるでござる。

メルビン「わかるでござるか。
  アルスどのは さっきまで
  眠らされていたので ござるよ。

メルビン「ガボは すごい!
  戦闘の さいちゅうでも
  グッスリでござったな。

メルビン「目覚めたからには
  眠っていたぶん ガボには
  ハッスルしてもらうで ござるぞ。

メルビン「むにゃ むにゃ。
  わしの剣は どこでござるか。

メルビン「うかつでござった。
  戦士が 戦いの さいちゅうに
  眠ってしまうとは……。

メルビン「ぬかったでござる。
  眠っている敵の存在を うっかり
  忘れていたでござる。

メルビン「毒が 全身に回るまえに
  毒をぬかねば 死ぬでござるよ!

メルビン「毒を もっている
  呪いのボトルを
  さっさと しとめるでござるよ!

メルビン「わしとも あろうものが
  あのようなザコの 毒をくらうとは
  お笑いでござる……ごふっ!

メルビン「毒をくらって
  弱ってる敵は ほっといても
  チカラつきるはずでござる。

メルビン「毒で 敵を弱らせるとは
  さすが アルスどの!

メルビン「毒が抜けたのだから
  これで アルスどのも
  思いっきり 戦えるでござるな。

メルビン「ガボの毒が抜けて
  ホッと ひとあんしんでござる。

メルビン「ううっ 若かったころは
  これしきの毒など ほっといても
  抜けたでござるが 今は……。

メルビン「むむむ。
  これ以上 仲間を 混乱させられては
  かなわんでござるな。

メルビン「混乱している魔物は
  酔っぱらいに 似てるでござるな。

メルビン「お見事 アルスどの。
  もう スライムは
  やっつけたも 同然でござる。

メルビン「さあ アルスどの。
  混乱して わしらに めいわくを
  かけたぶん がんばるでござるよ。

メルビン「おおっ アルスどの!
  ようやく われに返ったでござるな。
  これで ひと安心でござる。

メルビン「スライムが
  いると わしらの身の守りが
  低下していくでござる。

メルビン「アルスどの。
  弱っている スライムを
  集中して たたくでござる。

メルビン「ありがとう アルスどの。
  これなら 若いころのように
  ケガを気にせず 戦えそうでござる。

メルビン「今の ガボなら
  捨て身で 敵に つっこんでも
  へっちゃらでござるよ。

メルビン「今の アルスどのなら
  敵の こうげきに対し
  強くなっている はずでござる。

メルビン「マリベルどのの おかげで
  アルスどのは 敵からの こうげきに
  強くなったでござるよ。

メルビン「ムキムキムキッ!
  わしの身体が がんじょうに
  なったような 気がするでござる。

メルビン「わしが 敵のこうげきを
  一手に 引き受けるでござる。

メルビン「やっかいでござるな。
  今の スライムには
  魔法で 応戦せねば!

メルビン「呪文を封じてくる敵は
  早めに 始末する必要が
  あるでござるな。

メルビン「スライムの
  呪文を ばっちりと
  封じこめたで ござる。

メルビン「目に頼っては いかん。
  アルスどの 心の目で
  敵の動きを 見抜くでござるよ。

メルビン「目が かすむでござる。

メルビン「スライムは
  わしらの まぼろしを相手に
  格闘してるでござるよ。

メルビン「ちょっとした キズでも
  すぐ 手当てするように
  心がけたほうが いいでござる。

メルビン「今度 マリベルが
  ケガをしたときは すかさず
  わしが 治してやるでござる。

メルビン「敵の でかい いちげきが
  くるかもしれないから 前もって
  自分で回復したでござる。

メルビン「もう 痛くないでござる。
  しゅくふくの杖とは
  べんりな物でござるな。

メルビン「しばらく アルスどのの
  魔法に頼らず 戦わないと
  いかんでござるな……。

メルビン「なんの なんの。
  あの程度の こうげきなぞ……。

メルビン「踊ったり 踊らされたり
  していては まともな戦いに
  ならんでござるな……。

メルビン「老いたりといえど わしは
  英雄だから おどろいたくらいで
  おもらしなど しないでござる。

メルビン「やみくもに 剣をふるから
  敵に かわされるので ござるよ。

メルビン「わっはっは。
  英雄の剣を かわすとは
  敵ながら あっぱれでござる。

メルビン「敵のミスを さそうとは
  さすが アルスどの!

メルビン「わしから出ている
  英雄のオーラが 敵をビビらせて
  ミスを さそったのでござる。

メルビン「次からは 敵を見て
  魔法を使うでござるよ。

メルビン「わしの魔法が 効かんとは
  何かの まちがいでござる。

メルビン「気合いでござる!
  気合いがあれば 敵の呪文など
  効かんでござるよっ。

メルビン「逃げるか 戦うか。
  どうするかは アルスどのに
  まかせるでござる。

メルビン「ザオラルの失敗は
  精神的に 痛いでござる。

メルビン「うーむ。
  雑念があるから ザオラルが
  成功しないのでござろうか。

メルビン「チカラの差は 歴然でござる。
  やみのドラゴンの相手は
  わしに まかせられよ。

メルビン「わしの いちげきを
  くらって ビクともせんとは
  かなりの強敵でござるよ。

メルビン「こりゃ うっかり!
  光のカベに 守られた者に
  呪文をかけても ムダでござったな。

メルビン「動きを よく見れば
  こうげきを かわすことなど
  造作もないでござるよ。

メルビン「敵に かわされるのは
  アルスどのの剣に
  迷いがある 証拠でござる。

メルビン「呪文を はね返された敵が
  くやしがっていると思うと
  気分が いいでござる。

メルビン「はね返したくなくても
  呪文という呪文を すべて
  はね返すのは 問題でござるな。

メルビン「つまずいて ころぶという
  わしの意外な動きに 敵も
  どぎもを抜かれたで ござろうよ。

メルビン「わーっはっは。
  はずしたわけでは ござらん。
  すぶりでござるよ。

メルビン「ガボが わしに
  こうげきを 受け流したことなど
  気にしてないでござるよ。

メルビン「いま マリベルに
  黙とうを ささげていたでござる。
  ううう マリベル……。

メルビン「魔物にも 仲間を思う
  やさしい気持ちを もったヤツが
  いたという ことでござろうか。

メルビン「こうげきこそが
  最大の ぼうぎょでござる。
  次こそは 戦うでござるよ。

メルビン「アルスどのの
  おおせの通り さきほどは
  身を守っていたでござるよ。

メルビン「かばって もらうのは
  恥ずかしかったでござるが やはり
  チームワークは 大事でござるな!

メルビン「さっきの アルスどのの
  戦い方は すばらしかったでござる。

メルビン「さっきの バシルーラの失敗は
  運が悪かったと思って さっさと
  忘れたほうが いいでござる。

メルビン「さっきの わしみたいに
  戦うのが めんどうな魔物は
  みんな ふっとばすでござるよ。

メルビン「てへ 失敗したでござる。
  つくづく バシルーラって
  むずかしい呪文でござるな。

メルビン「お見事 アルスどの。
  残った敵も その調子で
  やっつけるでござるよ。

メルビン「光のかなたに
  消え去った魔物の
  めいふくを 祈るでござるよ。

メルビン「お見事でござる!
  わしも アルスどのに
  負けておれんでござる。

メルビン「わーはっはっは。
  見たでござるかっ
  わしの 本当の実力を!

メルビン「さあ 立つでござる。
  痛がるのは この戦いが
  終わってからに するでござる。

メルビン「ザコが なんびき
  ふえようと 同じでござる。

メルビン「再度 敵が仲間に
  助けを求めるやもしれぬ。
  その前に やっつけるでござる。

メルビン「玉砕かくごで 敵に
  つっこむ アイラを見たとき
  昔の自分を 思い出したでござる。

メルビン「アイラが 生命をかけて
  メガンテをとなえたのに 敵を
  全滅させられんとは……。

メルビン「アイラには 気の毒だが
  戦場では なにが 起こるか
  わからんでござる

メルビン「スライムが
  逃げて 敵の数が へったぶん
  戦いやすく なったでござるな。

メルビン「おのれっ!
  銀色のヤツの 逃げ足の速さは
  あいかわらずでござるな。

メルビン「アルスどの。
  さっきは 混乱したふりを
  していたのでござるか?

メルビン「スライムの
  全身に かなりのチカラが
  みなぎっているで ござるな。

メルビン「見てくれが アルスどのに
  そっくりだとしても わしは
  少しも 動じないでござるよ。

メルビン「のう アルスどの。
  わしに 姿をかえた敵は いささか
  ジジくさい感じが しないでござるか?

メルビン「お見事でござった。
  残った魔物も ザキで
  しとめてほしいでござる。

メルビン「呪文のチカラは
  万能では ないということでござる。
  ゆえに 効かぬときもある……。

メルビン「さあ 戦うでござる。
  わしの ザキのことなど どうこう
  言ってるヒマは ござらん。

メルビン「あわてず さわがず
  ザキを使う魔物から かくじつに
  しとめるでござるよ。

メルビン「死の呪文の
  ギセイ者が 出ぬうちに
  戦闘を 終わらせるでござる。

メルビン「なんの なんの。
  いくら うばわれても
  わしの魔力は つきないでござるよ。

メルビン「アルスどのみたいに
  わしも 魔物から魔力を
  うばうとするで ござるかな。

メルビン「敵の魔力を うばいつくして
  魔法を 使えなくさせるでござる。

メルビン「魔力が低いと
  それに応じて マダンテの効果も
  弱くなるでござる。

メルビン「神よ なぜでござる!
  わしのマダンテが こんな
  シケた結果に 終わるとは……。

メルビン「きついでござるな。
  魔力を使いきった マリベルの
  魔法は 期待できんでござるし……。

メルビン「おのれ!
  うしろから来るとは ひきょうな。
  敵は武士道を 知らんのかっ!

メルビン「先手必勝とは
  まさに このことでござるな。

メルビン「よくぞ しとめた!
  お見事でござるよ アルスどの。

メルビン「苦痛をあたえずに
  いっしゅんで 敵を しとめる。
  これこそが 騎士道精神でござる。

メルビン「急所を つきさえすれば
  どんな強敵でも いちころでござるな。

メルビン「急所を つかれる
  敵を見ていると その痛みが
  伝わってきそうでござる。

メルビン「はじめて見る
  魔物でござるな……。

メルビン「いち度 戦ったことのある
  魔物でござるな。

メルビン「こんな ボロボロの状態で
  敵に見つかるとは わしも
  つくづく 運のない男でござるな。

メルビン「戦闘は わしらに まかせて
  アルスどのは じぶんの身を
  守ることだけを 考えるでござる。

メルビン「誰でもいいから
  いち早く ガボのキズを
  治すでござるよ。

メルビン「ガボが 戦えないぶん
  苦戦を しいられるで ござるな。

メルビン「逃げるか 戦うか
  判断は アルスどのに
  おまかせするでござる。

メルビン「アルスどの。
  戦闘より まずは ご自分のキズを
  いやすことを考えられよ。

メルビン「魔力が つきてしまっては
  アルスどのの魔法は もう
  あてには できんでござるな。

メルビン「マヌーサのせいで
  アルスどのの こうげきは
  しくじるおそれが あるでござるな。

メルビン「アルスどのの 呪文に
  頼ることができたら いっぱつで
  決着が つくというのに……。

メルビン「アルスどのの
  がまん強さは よく分かったから
  はやく 解毒するでござるよ!

メルビン「倒れそうでござる……。
  ひとこと 言っておくが 決して
  眠いわけでは ござらんよ……。

メルビン「今まで 無計画に
  呪文を となえすぎたのが
  たたったでござるな。

メルビン「魔力が つきても
  わしには 無限の体力と 知力と
  時の運があるでござるっ!

メルビン「敵の姿さえ はっきり
  とらえられれば かくじつに
  しとめられるものを……。

メルビン「ぐぬぬ。なんとか早く
  この 魔法を使えぬ 状態から
  抜け出せない ものでござろうか。

メルビン「今を たとえて言えば
  パンツいっちょうで 戦っているような
  頼りない感じが するでござる。

メルビン「わははは……。
  毒に おかされたくらいで わしの
  チカラは おとろえんでござるよ。

メルビン「アイラの役割が
  わしら ひとりひとりに おもく
  のしかかってくるで ござるな。

メルビン「マヒを 治せないなら
  ガボが チカラつきないように
  気をくばるでござるよ。

メルビン「アイラが 眠ってるうちに
  さっさと 戦いを終わらせて
  おどろかせて やるでござるよ。

メルビン「アイラには
  大至急 手当が必要かと
  思われるでござる。

メルビン「魔力が つきそうな
  ガボに あまり 魔法を
  使わせんほうが いいでござるな。

メルビン「魔力が つきたって
  武器さえあれば じゅうぶん
  敵と わたりあえるでござる!

メルビン「まいったでござるな。
  今のアイラには 敵も味方も
  ないようでござるな。

メルビン「まぼろしに 踊らされてる
  アイラの こうげきは あまり
  期待しないほうが いいでござるぞ。

メルビン「なーに 魔法を使うときは
  マリベル以外の 誰かが
  使えばいいだけの ことでござる。

メルビン「アイラの身の守りを
  もとに戻さぬかぎり
  危険は 続くでござるぞ。

メルビン「毒におかされた マリベルに
  これ以上 ムリをさせるのは
  かわいそうでござるよ。

メルビン「チカラをあわせれば
  ふたりだけでも じゅうぶん
  勝てる見込みは あるでござる。

【キングスライム戦】 メルビン「キングスライムでござるな。   何匹かのスライムが 合体して   この姿になると 聞いているが……。 【ギガミュータント戦】 メルビン「ブキミな姿の魔物でござる。   アルスどの 何をしてくるか   わからん。気をつけるでござるよ。 【グラコス5世戦】 メルビン「あやつの先祖を 倒したのは   アルスどのたちでござるか。   さすがでござるな。 【竜騎兵戦】 メルビン「アルスどの!   ふたつに分かれた 女神像…… メルビン「どっちも こやつに   わたしては ならんで ござるよ! 【ボルンガ戦】 メルビン「やはり こいつを 倒さねば   闇のドラゴンのいる塔に 入ることは   できないようで ござるぞ。 【闇のドラゴン戦】 メルビン「この ドラゴンこそが   人々から 光をうばった   張本人で ござるな。 メルビン「アルスどの!   何が何でも こやつを 倒さねば   町に光が 戻って来ないでござる! 【ヘルバオム戦】 メルビン「わしも どう戦えばよいか   わからんでござるが…… メルビン「ウネウネ動き回る 触手には   気をつけたほうが いいでござろう! 【チビィ戦】 メルビン「これも 町の平和のため。   チビィよ かわいそうだが   死んでもらうでござる! 【ヘルワーム戦】 メルビン「こやつら いったい   何匹いるのか……。   とにかく 戦うでござる! 【メディルの使い戦】 メルビン「いつぞや 神父どのに使った   あの魔法…… アルスどの   こやつの魔力は 本物でござるぞ。 【ゼッペル戦】 メルビン「この気は……!?   まさか…… こやつ 本当に   魔王になるのでは あるまいな…… 【ゼッペル戦】 メルビン「アルスどの!   どうやら 大神官どのの魔法が   効いているようでござるぞ! 【闇の魔神戦】 メルビン「どうやら こやつが   この辺りに巣くった   諸悪の根源のようでござるな。 【ヘルクラウダー戦】 メルビン「ぬう……。   この地の黒雲が 晴れぬのは   この者のせいでござるな……。 【フォレストガード戦】 メルビン「罪もない村人を 襲うとは   許せんでござる!   アルスどの 準備は よろしいか!? 【ボトク戦】 メルビン「神父どのの姿を 借りるとは   なんと 卑劣な魔物でござる!   わが剣のサビに してくれるわ! 【ガマデウス戦】 メルビン「光ゴケを食べるとは けしからん   魔物で ござる。じっくり   こらしめてやるで ござるよ。 【バリクナジャ戦】 メルビン「この気配は ひとすじなわでは   いきそうもないで ござる。   気を ひきしめるでござるよ! 【オルゴ・デミーラ戦】 メルビン「われらが神のカタキ……   今こそ 晴らすでござる。 【精霊戦】 メルビン「アルスどの!   前に 進むつもりなら   ためらいなど 不要でござるぞ! メルビン「アルスどの。   前に進むつもりなら もう   ためらいは 捨てるでござるぞ! メルビン「精霊は いわば神の守り手。   油断をすれば たちまちのうちに   やられるでござるぞ! 【オルゴ・デミーラ戦】 メルビン「アルスどの これが   ほんとうに ほんとうの   最後の戦いで ござるよ! メルビン「神につかえし メルビン   いざ まいるでござる!   カクゴせよ 魔王オルゴ・デミーラ! メルビン「ここで わしらが   負ければ 世界は 終わるかも   しれぬでござるぞ アルスどの! メルビン「アルスどのっ   もう これ以上は なんとしても   負けられないで ござるよ! メルビン「わしら 人間に   不屈の闘志が あるかぎり   何度でも 立ちあがるでござるよ! メルビン「今度こそ 魔王を   たおさなければ この世界は…。 【第2形態】 メルビン「ふーむ いいニオイでござる。   アルスどの これは もしかして   香水のニオイで ござるか? メルビン「魔王のやつめ。あのような   美しき者に化けるとは……。   ふとどきせんばん でござるぞ! 【第3形態】 メルビン「むむむ。わが神の おこないを   バカにするとは……。   許せんでござるよ。 【最終形態】 メルビン「わははは!   わしらの実力を思い知ったか! メルビン「アルスどの。   あやつめは もう死にかけでござるよ。 メルビン「アルスどの   この戦い いっしゅんたりとも   気をぬいては ならぬでござるよ! メルビン「邪悪なる 魔王よ!   わが命 つきようとも おまえを   ぜったいに たおすでござる! メルビン「魔王は 強敵でござるが   わしらの チカラをたばねれば   かならず 勝てるでござるよ! 【神様戦】 メルビン「神と剣を 交えられるとは   戦士として 最高の名誉。   このメルビン 全力でいくでござる! メルビン「むむっ! さすが 神…   ものすごい気迫が ビシビシと   伝わってくるでござるよ!! メルビン「英雄メルビンのチカラを   全て 神に 見てもらうでござる! メルビン「相手に不足は ないでござる。   このメルビン 全力で   戦わせてもらうでござる! メルビン「このチカラ さすがでござる!   しかし 老いても わしは英雄…   負けるわけには いかんでござる!! メルビン「くっ! 神に ブザマな姿を   さらすわけには いかんでござる!   わしは 倒れないでござるよっ!! 【神様戦(移民の町)】 メルビン「ギャラリーが多いと   燃えるでござる! 英雄の勇姿を   みなに 見てもらうでござる!! メルビン「たとえ 相手が神でも   心を 集中させて ただ   全力で ぶつかるだけでござる! メルビン「アルスバーグの   みなさーん!! 今から この   英雄メルビンが戦うでござるよー!! メルビン「今回は まじめにやるでござる。   ギャルのおうえんなど なくても   わしは がんばるでござるよ!! メルビン「ギャルのみなさーん!   いないでござるかー!? 伝説の   英雄が 戦っているでござるよー! メルビン「だれも見てくれないでござる。   町の人は わしらの 戦いなんて   興味ないでござるな。トホホ…。


< [鏡を見つつ…]
[スットン共和国] / [国連G対策センター] / PS版DQ7メルビン全台詞集(戦闘!)